成田国際空港に導入・運用開始!GoToトラベルキャンペーンに伴う感染症対策としてデータスコープ社の「Face FC」が設置され運用を開始。

旅行者の急増による感染症予防策として、7月22日より国内外の窓口である成田国際空港ではデータスコープの「Face FC」を導入・運用が始まりました。

GoToトラベルキャンペーンの実施に伴い、成田国際空港の利用者数が急増しています。
同運営・成田国際空港株式会社(千葉県成田市・代表取締役社長 田村明比古。以下、成田空港)はウィルス拡散防止の水際対策として、データスコープ株式会社(東京都中央区・代表取締役 内田次郎。以下、Dスコープ)製の「Face FC」(A I顔検知(顔であることを検知・マスク着用検知)表面温度測定デバイス)を導入いたしました。Dスコープはシャープ株式会社の関連会社シャープマーケティングジャパン株式会社ビジネスソリューション社(千葉県千葉市。以後、シャープマーケティング)と共同で空港関連施設への導入推進・運用を進めて参ります。